Welcome to my homepage

新着情報

焦りはダメ。自分に合った方法で婚活をしましょう。


30歳を迎えて、友達も結婚している子が多くなり、子どもが出来たと報告を受ける度に焦りを感じるようになりました。アパートと仕事場の往復で、休みの日はあまり外に出て行くこともないので、出会いがありません。

そんな時、友達が婚活パーティーを主催しているサイトを教えてくれました。その友達は、そこで彼氏と出会って結婚しましたから、怪しいサイトでもないだろうと思い登録しました。そこは、毎週末に婚活パーティーを開いていて、女性の参加費は無料から1000円程度。男性は5000円くらいでした。

早期割引もしてくれたので、早めに参加予約すれば大体無料で参加できます。パーティーといっても飲食するわけではなく、男女が向かいあって座り、アピールシートを交換して3分ほど話をして、男性が移動する、というようなものです。全員と話が終わったら、再び同じことを繰り返すこともあれば、フリートークのようなこともありました。

最初、このパーティーに参加したときは参加人数が少なかったので一人一人と話す時間が多かったのですが、回数を重ねると次第に人数が増えていて、話をする時間が2、3分で終わってしまうことがよくありました。そんな状態で相手のことを知るのは難しく、なかなかマッチングはしませんでした。他の人を見ているとマッチングしている人もいたので、成果はあると思いますが、たくさんの人と一度に顔を会わせなければいけない場が、わたしには合わなかったです。

次は、一人一人とじっくり話していきたいと考えて、SNSの交流サイトを利用しました。顔が見えないぶん、こちらも話がしやすく、時間が空いた時にメッセージを入れたら良いので、ずいぶん気が楽でした。気軽なぶん、急に連絡が来なくなる人やセクハラみたいなことを言ってくる人もいましたが、そういうのはこちらもすべてブロックしました。

その中でも、会ってもいいかなと思える人がいたので数回食事をして、今はお付き合いをしています。出会いはどこにあるか分からないので、自分に合った方法で気長に探してみるのが良いと思いました。

結婚しても、お互いの親を、いたわる心は大切と思うのです。

ご結婚目的の、婚活をお考えの方も多くいらっしゃると思います。 ご自分のことの様に、大切にできるお相手を探したいものです。 婚活のお相手になる方が、自分のご両親を大切にするかたは、当たり前のことですがよいお相手と思います。

普段の親の生活を気にする人は、あったかい人と感じます。 婚活相手がその様な感じであれば、私はまず間違いない人柄と思うのです。 親に甘えることも親孝行と思いますが、婚活が出来る程の成人となっている人は、これから親孝行する時期ではないでしょうか。

「親孝行したい時に、親はなし」私は若い頃に、この言葉はひびかなかったのですが、今はその通りであると感じております。 子どもが親には、やさしい気持ちで接してほしいのです。 親御さんとなられる方は、年配となりお年も召しておられます。 婚活から結婚にいたる場合、ご家族とのお付き合いがあります。 男性は、女性の親御さんとのお付き合いで、女性は男性の親御さんなどとのお付き合いがあります。

お互いの親を大切に思うことなどできれば、それが一番よいのです。 例えば、女性が男性の親御さんの事を、気に入らないように言うことは男性も困ってしまいます。 「嫁と姑」との関係などもあります。 私事なのですが、娘がお嫁にいっております。 婚活で口数の少ない人のもとへと、お嫁にいきました。 同じご主人は同じ年齢の方なのです。

近くには、旦那様の親御さんがいらっしゃるのですが、よい人柄と私も感じます。 でもいくらよい方でも、血が繋がっていない娘からは、そうそういいたい事など言えません。 旦那さんの親御さんとは、お洗濯ひとつでも、干し方など違います。 この間も、その事を旦那様のお母さんがいっておられ、私の方が気になりました。 お母様は悪気で言った訳ではないです。

私が嫁の立場でしたら、その際に旦那様に愚痴を言っていると思います。 しかし娘は旦那様には、お姑さんの愚痴をいわないのです。 そんな感じであるから、娘夫婦は、仲がいいとわかりました。 結婚しても、私より娘のほうが、旦那様の親御さんと上手くお付き合いが出来るのです。 嫁と姑との問題も、旦那様と仲良くする為には、冷静に見つめることも大事だと思います。


▲pagetop